我々ドイツ人は中國人から何を學べる(あるいは學ぶべき)のか。中國で、我々はデジタル世界のあらゆる物の変化の速さを感じることができる。どれほど大きな會社でも単獨で未來を把握することはできない。例えば、スマート道路の建設はスマート自動車の製造より重要である。ドイツのフォークス誌が伝えた。

ボッシュ中國で、ソフトウェアがハードウェアより重要な理由、また「中國の速度」が世界のその他の地域に多大な影響を與える理由を知った。ボッシュ中國は6萬人の従業員を抱え、同社の世界の従業員數の7分の1を占め、近くさらに増える見通し。中國政府が國內の科學技術進歩を促す様々な手段を講じているためである。ドイツ企業の大量の革新が中國支社からのものになるのは時間の問題で、グループ內の最良の解決案になる可能性もある。

中國は自動車関連技術をより簡単にしようと取り組んでいる。例えば、交通狀況を観察できるカメラ、道路狀況を識別できる天気センサーなどを研究開発し、中國各地は各種のデータを収集し続けている。將來、集中分析したデータをクラウド中の車両に提供することが可能になり、最終的に歐州の複雑なACC車と同じ「安全で故障がないが作業量は大幅に削減される」という目標を達成することができる。今後、中國のクラウド技術に基づくシステムは自動制御と交通量合理化を行い、渋滯を防ぎ、駐車スペースを自動識別できるようになる。

新技術の開放は中國最大の強みである可能性がある。10~20年後、中國人は車を買う必要がなくなるかもしれない。あらゆる物がIoTに組み込まれ、モバイルバッテリーから自転車、さらに自動車に至るまで、すべてが共有可能になり、いつでもどこでも使用できるようになるためである。

?中國網日本語版(チャイナネット)?2021年9月13日