イランの外務省報道官は6日、新型コロナウイルスの発生源を政治問題化することに反対の姿勢を示した。ウイルスの発生源や関連する事柄を政治問題化するのは、感染癥の対応として最悪のやり方だと指摘している。

同報道官は同日の定例記者會見で、米國や西側諸國の一部が発生源などを政治問題化して煽っているのは殘念なことと話した。歐米は自分たちの責務を果たす必要があり、人類が感染癥から脫卻するために他國と協力しなければならないとしている。

また、ワクチンを生産する國は公平なワクチン普及を保障すべきだが、それはまだ実現していないと指摘。米國と歐州諸國は平等にワクチンが行き渡るよう配慮する必要があると述べた。

「中國網日本語版(チャイナネット)」2021年9月12日